エチニルエストラジオールという薬があります。
これは前立腺がんや乳ガンの治療に使われている薬です。
前立腺がんは男性ホルモンの影響を受けて大きくなるという性質があるので、この薬を服用することによって男性ホルモンの濃度を低下させてガン細胞の増殖を抑えると言うことができます。
その結果腫瘍が大きくなる早さが遅くなり病状が収まるのです。
このような作用があるということでホルモン療法薬として前立腺がんの治療に使われています。
このエチニルエストラジオールは女性ホルモンと似た作用があります。
その結果育毛を促すという効果があり髪が生えるのです。
この薬を服用することで、毛母細胞の分裂を鈍くする男性ホルモンの活動を抑制することができます。
多くの育毛剤には体の外から効果を与えるというようになっていますが、エチニルエストラジオールは体の内部から発毛や増毛効果を促進させることができるのです。
したがって女性ホルモンの増加と言うことだけではなく男性ホルモンを抑制するという効果が非常に高くなっているということが言えます。
育毛や増毛剤に関してはそれぞれに役割があります。
その成分の違いは頭皮の血行を促進したり、男性ホルモンを抑制したり皮脂を取り除いたり、毛根や毛母細胞の活性化などによって分かれています。
この薬を服用する際に、卵胞ホルモンによって悪化する乳ガンや子宮がんがある場合には服用しないようにします。
血栓の病気のある人も服用できないことがあります。
飲み合わせによっては薬の効果が弱まると言うことがあります。
たとえばてんかんの薬や肝炎の薬には注意します。
逆に解熱鎮痛薬はその作用を増強させることがあります。
治療目的によって飲み方が異なっているので、医師の指示に従うようにします。