ピルには、卵胞ホルモン(エストロゲン)成分と黄体ホルモン(プロゲステロン)成分が含まれています。ピルを服用し始めたときに、吐き気や頭痛、むくみ、経血量の増加などの症状が見られることがありますが、これはエストロゲンの作用によるもので、エストロゲンが多いほど症状は強くなります。このため、エストロゲンの含有量が少ない低用量ピルが開発されました。
日本で認可されているピルに含まれるエストロゲンは、エチニルエストラジオールで、その含有量は種類によって異なります。第1世代ピルは、エチニルエストラジオールが最も多く、第3世代が最も少なくなっています。それぞれの世代の違いは、黄体ホルモン成分の違いによりますが、第1世代の黄体ホルモン剤はエストロゲン活性が強いという特徴があります。そのため、吐き気や頭痛などが、第1世代に多く見られるのですが、エストロゲンの感受性が人によって異なるため、エチニルエストラジオールの量が多くても人によっては副作用がなく、量が少ないピルでも吐き気が強い人もいます。
ピルに含まれる黄体ホルモン剤は、製品によって含有量の差が大きいのですが、量が違っていても避妊効果に変わりはありません。含有量に差があるのは、一定の効果を出すのに必要な量が、黄体ホルモン剤の種類によって違いがあるためで、第2世代・第3世代では含有量が減っています。黄体ホルモン剤にはアンドロゲン作用があり、多毛症や肥満などの副作用を引き起こします。第2世代ではこの副作用が強かったため、この作用を抑えた黄体ホルモン剤を使用した第3世代が開発されました。
このようにピルは種類によって特徴があります。いまは通販などで簡単にピルを購入できるので、合わない場合には種類を変えるなどして、最適な製品を選ぶことができます。