女性のライフスタイルが変わった影響で、若い女性の抜け毛が年々増加となり、最近は女性の「若年性脱毛症」に悩む方が増えております。
薄毛や抜け毛は、老化現象と思われていましたが、それだけが原因ではなく、生活習慣・不健康な生活によって、ヘアサイクルが大幅な乱れによって起こるのです。
では何故、若年性脱毛症になるのでしょうか。
最も多い原因となるのが、無理なダイエットの影響です。
極端なダイエットをすることにより、自律神経が乱れ、血流が悪くなり、頭皮や髪が栄養不足になり、ヘアサイクルが乱れ、生えるはずの髪の毛が作られなくなります。
次に原因となるのが、カラーリングやパーマです。
これらの薬剤により、毛根や頭皮にダメージを与え、髪の健康な成長の妨げとなります。
ヘアケアーに関しては、シャンプーやリンス、トリートメントが合っていないため、毎日のシャンプーにより頭皮や毛穴、毛母細胞を痛め、脱毛症を起こしている場合もあります。
このように「若年性脱毛症」は、毎日の生活習慣・不健康な生活のストレスが原因となり、引き起こされております。
ですので、脱毛症に悩んでいる方は、生活習慣を振り返ってみてください。
その中に原因となることがある筈です。