エチニルエストラジオールは、女性ホルモンを補う際に使用されるホルモン剤のひとつで、エストラジオールとプロゲステロンを含有するお薬です。
不妊症の治療や改善、更年期障害の症状の改善、卵巣発育不全、月経周期の調整といった、幅広い用途で使用されるホルモン剤になります。
女性が妊娠に至るには卵子の排卵が不可欠ですが、排卵がなされても女性ホルモンのバランスが崩れていたり、卵巣が成熟していないと、卵子を含まない排卵がなされてしまいます。
高齢になるほど卵子の存在しない排卵がなされる回数が増えるので、エチニルエストラジオールを摂取すれば、ホルモンバランスを整えることが出来ます。
エチニルエストラジオールを摂取したいときは、健康保険がきくかどうかが気になる方もあるでしょうね。
残念ながら国内では、ホルモン補充療法は病気や疾患などの予防法に過ぎないと考えられているので、健康保険は適用されません。
健康保険というのは、あくまで病気の治療にのみ適用されますから、自由診療扱いとなり、全額を自己負担をする必要があります。
ただし更年期障害と診断され、その治療目的の場合や、更年期障害とともに発症しやすい骨粗しょう症と医師から診断された場合は、ホルモン補充療法を行う場合であっても、健康保険が適用されます。
副作用は、吐き気やめまい、頭痛、便秘などがありますが、これらの症状はそれほど長くは続きません。
しかしいつまでたっても、吐き気やめまい、頭痛、便秘などの症状が続いたら、お医者さんに診てもらってください。
診察のあと、吐き気やめまいを抑える薬や、頭痛薬、便秘薬などを処方してもらえるはずです。
一番怖い症状は血栓症なので、具合が悪くなったらすぐに、病院に行くようにしてください。