ピルは女性ホルモンの黄体ホルモンと卵胞ホルモンを含んでいます。
黄体ホルモンについては薬によってもどの黄体ホルモンを用いているのかは異なりますが、卵胞ホルモンについては合成されたエチニルエストラジオールという卵胞ホルモンが用いられています。
排卵を抑制しているのは黄体ホルモンであり、ピルの中にはミニピルと呼ばれている黄体ホルモンのみを含んでいる薬もあります。
それに対し、卵胞ホルモンであるエチニルエストラジオールはどのように薬として作用しているのかというと、卵胞ホルモンは排卵を抑えるだけではなく、子宮内膜がはがれないように維持する作用があるのですが、維持する際には卵胞ホルモンも必要となります。
ただ、卵胞ホルモンの量が多くなると卵胞ホルモンに由来する副作用の症状が強く表れる傾向があります。
そのために、ピルの改良では卵胞ホルモンのエチニルエストラジオールの量をいかに少なくするのかが課題であり、現在はエチニルエストラジオールの含有量が少なくなっている低用量ピルが主に用いられています。
それではエチニルエストラジオールによってどのような副作用が現れるのかというと、吐き気や頭痛、むくみ、下痢などの症状があります。
これらの症状は服用し始めの頃に出る場合が多いですが、服用を続けていると次第に治まる場合が多いです。
今述べたのはピルを服用すると割と起こりやすいがそれほど深刻では無い副作用なのですが、場合によっては深刻となる副作用もあります。
卵胞ホルモンは血栓症や子宮頸がん、肝障害などのリスクも高めます。
低用量ピルで深刻な副作用が起きる心配はほとんど無いですが、血栓症では10万人に1人程度の割合で亡くなる方がいます。
おかしな症状が出た場合はすぐに医師に相談する事が大切です。