エチニルエストラジオールという薬がありますが、これはホルモン剤の一種であり、避妊や月経困難症に効果を発揮します。エチニルエストラジオールは、低用量ピルとして有名です。卵胞ホルモンであるエストロゲンと、黄体ホルモンのプロゲストロンが含まれており、エストロゲンの量を抑える作用があることから、100%近い避妊効果を発揮してくれます。
エチニルエストラジオールのような低用量ピルは、医師の指導に従って、服用を続ける必要がありますが、この際に生理が止まってしまうのではないかという、疑問があるでしょう。実のところ、低用量ピルを服用していても、生理に似た出血は発生します。但し、子宮内膜の厚みが減りますから、出血量は減ります。
この作用のおかげで、生理の際の貧血が改善するというメリットがあります。月経痛の痛みの緩和にも役立ちます。低用量ピルには、生理の時期を一時的にコントロールする力が備わっており、旅行や行事に参加する際に、ベストな環境で生活を送れるという魅力も備わっています。
時期をコントロールする際には、エチニルエストラジオールのような低用量ピルよりも、中用量ピルの方が、高い効果を発揮してくれます。
低用量ピルを服用している最中に、生理を起こしたいのであれば、起こしたい日より2日前くらいに服用を中止すると、生理がやってくるようになります。当然ながら、服用を中止すると避妊効果が得られなくなりますので、確実に避妊をしたいなら、服用を中止している期間の性行為は避けるのが無難です。
ピルを服用していると、がんの発生率が高まるといわれていますが、薬自体が影響するというより、コンドームを使わないことで感染症からリスクが高まることが問題となります。